categories

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

最近読んだ本

中田永一 吉祥寺の朝日奈くん
冲方丁著 天地明察
池井戸潤著 下町ロケット
東川篤哉著 謎解きはディナーのあとで
朝井リョウ著 桐島部活、辞めるってさ
内田篤人著 僕は見たものしか信じない
三浦しをん著 舟を編む
尾田栄一郎著 ONE PIECE1〜23巻
長谷部誠著 心を整える。
道尾秀介著 カラスの親指
道尾秀介著 月と蟹
道尾秀介著 光媒の花
道尾秀介著 月の恋人
井上雄彦著 リアル10巻
福井晴敏著 震災後
夏川草介著 神様のカルテ2
三浦しをん著 神去なあなあ日常
三浦しをん著 まほろ駅前多田便利軒

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • -
    • -
    • -
    • -
    • -







    告白

    0
      背筋がゾワゾワする読後感が最高だね。先生…良い意味で裏切ってくれたよ。娘を教え子に殺された教師は、教師として生徒を守るのか?それとも、親として娘の報復をするのか?

      一章ずつ、一人で一方的に語る。この手法が新しくて良い!教壇で。日記で。遺書で。同じ事件なのに視点が違うので謎が解けてくる。

      AくんBくん、よくいる普通の中学生だと思った。二人の性格、行動パターン、うまく書き分けていると思う。

      まずBくん。母親のプレッシャーにも似た愛情を注がれ、基本的には優しいいい子ちゃん。自分が感染させられたという時でも周りへ感染しないように気を配る。結果狂気の異常行動。親子で殺し合い。先生の思うツボ。自慢できることがないくせにプライドばかり高い、ちょっと腹の立つことがあればキレる、その割にビビリなのがいまどきの中学生っぽいなぁと感じる。

      そしてAくん。勉強ができるから自分以外をバカにしてる。自己中心的で、他人は自分のために動くのが当然だと思ってる。感染させられたと思ってもそれを盾にする賢さは、計算高い実母譲り。大学に戻りたくて離婚した、離婚したくて虐待した、子の親にしてこの子あり。Aくんの「誰でも良かった」…最近25歳以下の犯罪者はこのAくんタイプが多い。無差別殺人の加害者の発言「誰でも良かった」誰でも?誰でも良かったらまず初めに自分が死ね。親を殺せ。きょうだいを殺せ。他人を巻き込むな!

      湊かなえさんのデビュー作、新人らしからぬ完成度の高さ。明日から牛乳を飲めません。







      スポンサーサイト

      0
        • -
        • -
        • -
        • -
        • -







        コメント
        管理者の承認待ちコメントです。
        • -
        • 2010/04/20 12:06 PM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック