categories

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

最近読んだ本

中田永一 吉祥寺の朝日奈くん
冲方丁著 天地明察
池井戸潤著 下町ロケット
東川篤哉著 謎解きはディナーのあとで
朝井リョウ著 桐島部活、辞めるってさ
内田篤人著 僕は見たものしか信じない
三浦しをん著 舟を編む
尾田栄一郎著 ONE PIECE1〜23巻
長谷部誠著 心を整える。
道尾秀介著 カラスの親指
道尾秀介著 月と蟹
道尾秀介著 光媒の花
道尾秀介著 月の恋人
井上雄彦著 リアル10巻
福井晴敏著 震災後
夏川草介著 神様のカルテ2
三浦しをん著 神去なあなあ日常
三浦しをん著 まほろ駅前多田便利軒

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • -
    • -
    • -
    • -
    • -







    富士山は夏に見えない

    0
      数年前の今頃の季節、河口湖畔へ泊まった。普段、富士山とは縁のない東北に住んでいるため富士山を拝むのも旅の目的の一つだった。しかし拝めなかった。富士山は一日中雲隠れ

      富士山って夏は見えないのね、知らなかった。河口湖の天気予報が晴れならば見えるだろうと勝手に思い込んでいた。しかし現実は河口湖が晴れているのに富士山周辺だけ曇に覆われている。なんということだ…

      結局あたしが富士山を見ることができたのは、起床から朝8時まで。夏に富士山を見に行く時は気をつけるべし!







      大内宿

      0
        2010101223350000.jpg
        10月の週末、天気が良かったので無計画ドライブ。県内の名所へ行こうと思い立ち、大内宿へ初めて行った。

        磐越道から国道118を南に30キロくらい。『大内宿まであと何キロ』の看板が続いている。右折して、大内宿まであと4キロの山道でまさかの渋滞。全く動かなくなった(汗)

        しかも同乗の彼、渋滞早々に「トイレ」。あたし「トイレなんか無いよ、我慢して」彼「なんで休憩しなかったんだよ」あたし「だって昼に『ねぎそば』食べたかったんだもん!」と、いつものけんか。

        駐車場が足りないのが渋滞の原因、ただいま新設工事中。結局ラスト4キロ進むのに2時間かかった…昼飯3時。最悪ペットボトルにおしっこしろ、とか言ってたけど渋滞中の山道に簡易トイレ発見。助かった。

        ねぎそばとは、大内宿名物の長ネギ一本入りの蕎麦。かけそばを食べながら長ネギをかじる。彼はネギを15センチも食べた。店は昔ながらの古民家、土間に仏壇。鴨居が低い(笑)

        大内宿は渋滞注意!







        あみプレミアムアウトレット

        0
          2010042909530000.jpg
          四月の土曜日、あみアウトレットへ出かけた。途中、友部SAで昼飯。常陸牛がうまい!常磐道から圏央道へ。片側一車線なので、追い越しできなくてダラダラ。IC付近は渋滞?かと思いきや、時間帯のせいかすんなり入れた。

          比較的規模が小さいので、有名ブランド店は少ない。ブランドものを欲しい人には物足りないかも。

          あたしはスニーカーが欲しかったので、数店舗まわり検討。ナイキのメンズオンリーのスニーカーを半額でゲット。スカイブルーからコバルトブルーのグラデがかわいい。あたし、女子のわりには足がデカイ方…24か24.5。だからメンズだと24や25が余っててちょうどいいのだ。

          キハチのソフトクリームを食べて帰った。駐車場から大仏が見える。カメハメ波〜!ってやってるように、見えるような見えないような(笑)







          温泉山荘 だいこんの花

          0
            スマステで名前を知り、じゃらんの高級宿ランキング東北2位というのを見て絶対行きたいと思った温泉宿。それは宮城県の遠刈田温泉『温泉山荘だいこんの花』。休前日は予約ぎっしりの中、ポツンと一部屋だけ余ってて二ヶ月後の予約が取れた。

            あたしたちの予約したのは温泉露天風呂付きメゾネットのお部屋。一階はウッドデッキのテラスと八畳くらいのフローリング、二階はベッドルームとベランダに露天風呂。二人で過ごすには充分の広さ、吹き抜けも快適。離れというよりコテージみたい。

            部屋数18室に対し、貸切風呂が4つ。夕食前に2つ・夕食後に2つ入った。予約不要・時間制限無し、空いてれば誰でも入れる。『通り雨』『雪待ち』は遮る壁が無く開放感あふれてる。これぞ露天風呂!って感じ。川音もいい。

            どのお風呂にもいきなり入らないように温度調整の注意書きあり。掛け流しのため、熱い時とぬるい時があるらしい。貸切風呂は誰かが入った後なのですぐ入れる温度だが、部屋付き露天風呂は自分で調整しなきゃ絶対ダメなので要注意。最初は超熱かった。

            料理は朝夕とも個室風ダイニング。夕食は創作料理、『肉や魚は脇役です』いえいえ、肉や魚も適度にあり脇役に感じないほどである。最後の芋煮は満腹で半分しか食べられず…でもデザート三種(ケーキ・アイス・果物)は残さず食べた(笑) 彼は最初に出てきた野菜がお気に入りで、土台の大根まで食べていた。

            朝食は純和風。手作り豆腐に卵焼き。サラダや飲み物はおかわり自由。

            あたしたちの担当仲居さんは女性ではなく若い男性だったのが新鮮!女性うけしそうである。

            あたしが一番気に入ったのは『だいこんの花』のお楽しみ。おやつ・食後酒・夜食。夕飯前のちょこっと小腹が空いた時に、焼き芋を頂いた。みずみずしくて美味かった。食後酒・夜食はお風呂に行ってて行けなかったけど。だいこんの花の敷地外に何も無いので(温泉街から離れてる)中で楽しんでもらおうという心遣い…料金に含まれているとはいえ、ありがたかった。

            印象としては、静かにのんびり温泉を楽しみたい人が行く温泉だと思う。12歳未満ご遠慮だし。敷地内を散策したり、サロンでお茶したりおしゃべりしたり。料理もステーキ・舟盛りがっつりではなく、肉も魚も野菜も少しずつたくさん食べたい人向き。

            絶対リピートしたい宿だね。







            ガス欠!

            0
              シルバーウィークに那須へドライブ行った帰り、峠へ続く栃木県と福島県の県境を走ってる途中でガソリンが給油の点滅。ガス欠!

              連休中だからか、山中だからか、夕方6時なのにガソリンスタンドはどこも閉まってる。闇雲に進んでガソリン減らすより、さっきのコンビニまで戻って地元の人にガソリンスタンドを聞いこうと決断。

              「20キロ戻った国道4号までない」に…にじゅっキロ…しかもコンビニに着くまで既に10キロくらい走ってきたのに…あと、20キロ。

              ガソリンもってくれ!計算上は、もつはずなんだ!頼む〜(^人^)

              なるべくアクセル踏まないエコ運転で、ヒヤヒヤしながら走ってガソリンスタンド発見!間に合った!JAF呼ばなくて済んだ。

              自分ちの近所なら24時間セルフもあるのに、他の土地はわからない。出発する時に入れるべきだった。「後で給油しよう」なんて甘い。ガソリンは早めに入れよう!







              那須ガーデンアウトレット

              0

                「シルバーウィーク、ETC車一律1000円でおでかけ」…ヘッ!あたしには全く無関係、ETCついてない車なので。そんな訳で、下の道で那須ガーデンアウトレットへ行った。それも急に決めてダラダラなドライブ。

                無計画ゆえ、カーナビ頼り。カーナビで目的地検索「ありません」…なるほどカーナビ更新してないので新しすぎて載ってない。近くの『宇都宮共和大学』でセット。

                あれ?カーナビ、道、間違ってない?逆方向に進んでない?宇都宮共和大学でセットしたから?ちょっとここで止まって考えよう…と、適当な駐車場へ入った。ここはどこ?と思ったら目的地の那須ガーデンアウトレット。っていうか、いきなり着いたような。看板なくない?4号線沿いには看板あったけど、近くになかった気がする。うーん…わかりにくいなぁ。

                着いたのは14時。時間帯のせいか、すでに飽きられているのか、アウトレット近辺で全く渋滞なし。駐車場はすでに一戦終えて空いたところへ駐車できた。

                あたしは『colars』ランドリーのパーカー、彼は別な店で長袖シャツをゲット!

                那須自体が観光地なので、那須ガーデンアウトレットにもお土産売り場がある。『那須ロコマーケット』では、あたしも洋服以上に買い込んでしまった(笑)たまごたっぷりん・餃子・ソーセージ・チーズ…どれも美味い!特にたまごたっぷりんは濃厚で甘いけど、一個あたりが小さいので後を引く美味しさ。容器もかわいくて一見、卵の殻。実はせともの。この容器、捨てるのもったいないので再利用したいけど、小さすぎて思いつかない。ただいま飾ってあるだけ(笑)とちおとめドレッシングはまだ封を開けてないけれど、使うの楽しみだなぁ。







                箱根旅行の出来事

                0
                  2008100512370000.jpg
                  元箱根〜箱根町まで杉並木を歩き出たところで白人の女の子にあたしと彼は声をかけられた。「モトハコネ?」あたしたちは来た方向を指差し「まっすぐ、まっすぐ。ゴーストレート。」通じたかどうか定かではないが歩いていくのを見送った。

                  箱根湯本駅に予定より二時間早く着き、暇つぶしに駅周辺を散策。‘早雲公園5分’と言う看板を見つけ、行ってみることに。歩き始めると5分とは山道…ヤバイなぁと思いながらもここまで来たら行くしかないから登り続けた。東屋まで着いても景色が見えるわけでなくクモの巣だらけの林の中、無駄に汗をかいてしまった…。

                  その近くの早雲寺へ寄り北条五代のお墓へ手を合わせた。駅へ戻ろうと歩く、ひたすら歩く…もう着いてもいい頃なのに予想以上に遠くまで歩いてきていた。不安になり、ちょっと止まって地図で確認中…実年男性から声をかけられた。

                  「こんにちは、どちらへ行かれるんですか?」
                  「駅に行きたいんですけど…」
                  「ここを曲がった方が良い、まっすぐ行くと遠回りだ」
                  「ありがとうございます」

                  指示通りで正解、無事に駅へたどり着いた。本当に助かりました。見知らぬ旅行者のあたしたちに親切に声をかけて頂きありがとうございました。彼は「北条五代の末裔が助けてくれた!」とか適当言ってました(笑)

                  道を尋ねられ、尋ねた。情けをかけ、情けをかけられた。そんな箱根でした。







                  三井アウトレットパーク入間

                  0
                    日本最大級と言われる三井アウトレットパーク入間へ行きました。

                    自宅から池袋駅まで行き西武池袋線で35分の入間駅、アウトレット内で昼食をとるのは困難と考え入間駅前で食べる。その後バスで15分のはずが道路は大渋滞、バスは大混雑。予想できたけどね。

                    いざ戦場へ。狙っていた店の狙っていた商品がアウトレットと言えども2割引程度でちょっとガッカリ。他をあたろうとうろちょろすると、ページボーイの店員さんが「新作も5割引!」を連呼、あたしも店に入る。ものすごい女子の数、店の外にはそれを待つ男子たち。あたしも前からかわいいと思ってたチェック柄のポンチョ風上着を見つけた。店内を一周したらその上着がひとつ減っていて、これは良いものがなくなると思いあわてて同じものをつかみレジへ並ぶ。衝動買いの上着だったけど半額だから良しとしよう。

                    おやつを食べようとフードコートへ行くが、3時になっても4時になっても大行列。昼食は外で済ませて正解だった。結局おやつはワゴン販売のチュロスを食べた。

                    アウトレット=割引して当たり前。だから2割引じゃ納得しないんだよねぇ…ケチなあづみ。







                    和の宿 華ごころ

                    0
                      露天風呂付きの宿とか、おこもりの宿とか、10組以下の宿とか、隠れ家みたいな宿とか…ジャンルで言えばそんな感じ、和の宿 華ごころ。‘ナゴミノヤド ハナゴコロ’と読みます。強羅温泉となってますが、一番近い駅はケーブルカーの早雲山駅になります。

                      浴衣の色は男子が紫、女子がピンク

                      この旅館を選んだ理由は、客室8つに露天風呂8つ、一部屋に一つ自分たち専用の露天風呂が付いてくるところ。部屋もお風呂も一つずつデザインが違うそうです。どの部屋、どの露天風呂になるかはおまかせ。

                      あたしの部屋は和洋室タイプ、広さは合わせると12畳くらいありそう。お風呂は屋上露天風呂、すごく開放的。岩盤浴とシャワー付き。湯船に入ったり、バスローブ着てイスに座って風呂桶で足湯したり…。

                      夕飯は部屋食で創作和懐石料理。オレンジをくりぬいた中に入ったグラタン・豆乳しゃぶしゃぶ・柑橘素麺…ちょこっとずついろんなものが食べられ、お腹いっぱい頂きました。創作料理なので絶対和食な人は難しいかも。朝食は食事処で和食、食後は別室に案内され野鳥を眺めながらデザート&コーヒー。



                      エアコン2個に床暖房もあり、アメニティも充実。クレンジング・洗顔料・化粧水・乳液…男性用化粧水やシェービングクリーム、足袋靴下もあった。

                      夜中〜朝方ものすごいエンジン音の車が数台通りすぎた、ハンパないです。でも旅館側が悪い訳じゃないし…それ以外は最高でしたよぉ。







                      推定走行距離100 キロ弱

                      0
                        連日22時まで残業で身体が疲れてるのに、市内をあちこちぐるぐるドライブ。

                        A町のあたしの家からB町の彼の家へ迎えに行き、C町を通り越してD町のあたしの妹の新しい家を確認。そのままD町で昼飯を食べ、C町まで戻ってからD町E町を通過したところにあるF町の某館を見に行こうと急に思いつきで行き、その後F町からE町D町C町B町を通過しA町の図書館へ。火曜日閉店のスーパーで食料品を買ってB町の彼の家へ戻った。

                        市内と言えども推定走行距離100キロ弱。天気も良かったし用事も済ませたし、いい気分転換になりました。ボーナスも近いし明日からまたがんばる!







                        | 1/2PAGES | >>